カシオのXW-G1とEP-4の夕べ

昨日はレギュラーの『田辺恵二の音楽をいっぱいいじっちゃうぞ!』の天の声のお仕事でした。

 

元々シンセ大好き人間だっただけに、

やっぱりシンセをいじいじしているのを間近で見ているとワクワクしちゃうのは毎度のことですが、

今週は先週に引き続きカシオの24年ぶりのシンセサイザーの特集で、

先週のP1からチェンジしてXW-G1の紹介でした。

カシオ XW-G1

写真撮り忘れてて、こんな写真しかなくてすいません(;´Д`)

 

それにしてもこのシンセは面白い。

やはり世代的にハードシンセというのはすごく興奮するわけで、

実際にごにょごにょいじれるってだけで結構ワクワクするんですが、

その中でもサンプラー機能が付いているっていうのは個人的に惹かれましたね。

あと、やっぱり軽いっていうのと、番組内でも紹介した鍵盤のカタチとか、

それとこれで価格が7万円を切るっていうのがすごいなーと。

僕の世代だとYAMAHAのCS1Xあたりに近いイメージですかね。

僕があんまりシンセ語ると多方面からお叱りうけそうなので、このへんでw

 

それと昨日はメディアインテグレーションさんも先週に引き続き来て頂いて、

エレピのソフトシンセのAAS Lounge Lizard EP-4の解説をしてもらいました。

AAS loungelizard ep-4

実は僕エレピ大好き君でして、エレピの音だけで3日間くらいバケーション出来るくらい(?)でして、

このソフトシンセのすごいのが、フィジカル・モデリング技術っていうので、

リアルなローズとかウーリッツァーの実機をバーチャルで再現するっていう…

ここまでで分かんない人は全く呪文のようですよねw

んで、とにかくエレビの音ってもちろん一般的なマルチ音源だと大体入っているんですけど、

やっぱり実機みたいに、強弱とかでの再現力が弱くて、

ベロシティとかで何個かの波形を入れ替えてそれらしくってくらいで、

ただ、どうしても微妙なタッチの違いとかが出なかったり、

やっぱりノペっとしちゃう感じがあって、いまいち満足がいかなかったというのがあって、

とはいえ貧乏ミュージシャンや趣味でやっているレベルでクラッシクなエレビを買うのもあれだし、

そもそも音録るのとかも面倒だし、昔のマシンはメンテ大変だし、そもそもどこに売っての?くらいなんで、

そういった意味で、これはめっちゃいいなって思いました。

 

あ、楽器の話をしだすと、本当に詳しい人から色々ご指摘うけそうなのでこのへんで…

 

んで、メーカーさん以外では今週も先週に引き続き守尾さんに来ていただきました。

先週出演時に見ていた知人の方たちから「なんで半袖じゃないんだ!」って言われたらしく

今週はちゃんと半袖で来て頂きました!w

確かにしっくりきてました!これぞ守尾崇って感じで!

asfi 石井りえ 田辺恵二 守尾崇

そして今週は田辺さんの助手のasfiのいっちゃんがお休みということで、

同じくasfiから、世界の滑舌王りったんこと石井りえさんがピンチヒッターとして来て頂けました。

メインMCの田辺さんとの掛け合いもなかなかおもしろくて、さすが世界の滑舌王!

 

天の声もこれだ3回目ということで、ようやく番組に慣れてきた感じです!

基本的にはUSTREAMのソーシャルのTLにいる感じですが、

ちょいちょい声で出演しておりますので、また機会があればぜひ見てくださいな。

 

それにしてもやっぱりこの番組面白いっす。

出演サイドが言っちゃうのも手前味噌な感じですが、

ソーシャルに来られていた方たちも、全然詳しくないけどすごく面白いって声がちらほら。

それにここまで毎週実際に生で触ってあれこれ突っ込んでレビューするっていうのもなかなか無いので。

 

来週は守尾さんがカシオのシンセを使ってオリジナル音源を披露してくれるっていうことで、

こりゃ見ないわけに行かないべ!って感じですよ。

というわけで来週もお楽しみにです!!

 

 

あ、そういえばうちのマンションの前の雪、まだ全然溶けないっす。

春よこい!!!