ハッピーエンド・チェイサー千秋楽観てきました。

新年になってから、そういえばこちらの更新してなかったなと。
いくつか書くことも溜まってたのですが
まあその辺はなんとなくまた書きます。

んで、先日仲良くしてもらっている黒須あゆ美さんの舞台が
阿佐ヶ谷で演っているということで、
千秋楽を観に行ってまいりました!
ハッピーエンド・チェイサー
場所はザムザ阿佐ヶ谷というところ。

元々はどんな建物だったのかな?
リノベーション系なのか、そういう材木集めたのか分からないんですが
とっても雰囲気のある内装で始まる前からちょっと気分高めでした。

実は公演開始ギリギリに到着したのですが、
なんとキャンセル待ちの列が出来てまして
もう係員の人もあたふたしながらいよいよ公演開始。

今回、あゆ美さんが出演されていたのは
『ハッピーエンド・チェイサー』というお話で
しかも今回あゆ美さんはヒロイン役ということで
これは恋をしながら見よう!と勝手に胸ドキで観劇。

再演があるかもしれないことを勝手に考えて
お話の中身というか核心は避けておきますが、
いわゆる”パラレルワールド”がテーマになったお話。

パラレルワールド物というと
結構よくある設定だなーとか言う人がいるんですが
僕は個人的には結構好きなのもあって
最初から前のめり気味で見ておりました。

物語が進んでいくうちに
どんどんと話が加速していって
前半部分の緩やかさから一気に引きこまれていきましたねー。

特に主役の幸成役の務台さんの熱演が半端無くて
距離の近さならではの迫力がとってもよかったです。

お話が若いころから大人まで時代背景が変わるのですが
セットを大きく変化できないので衣装で時代感を出すのですが
あゆ美さんの女子高生姿が全く違和感なくて
さすが女優さんだなーとドキドキしながら見ておりました。

ちなみに公演後ブログに載せようと
お写真をお願いしたところ、こんなことに・・・
黒須あゆ美 常時系
いや、僕は基本セルフィーしない主義なので
一緒に写る予定じゃなかったのですが
撮っていただいた狩野役の川嶋さんの親切心に
そのまま甘えるカタチに。
にしてもなんで僕こんなにニヤけてるんだ・・・。

んで、今回の舞台で個人的にすごく好きだったのが
羽生役の梅田さん。
お話の中ではとにかく極悪非道の最低野郎な役だったんですが
もうこの方の演技がとにかく最高に良いスパイスになっていて
ムカつく役なんですが、とっても引き込まれちゃいました。
ということで、さっきの勢いついでにお写真をお願いすることに。
ハッピーエンドチェイサー
「悪い顔してもらっていいですか?」という
僕のムチャぶりに、終演後のお疲れの所嫌な顔もせずに演っていただきました。

ちなみに梅田さん、舞台での演技とは全く違って
めちゃくちゃ物静かで、いい人でした!

久しぶり&今年の観劇初めでしたが
とにかく最高に楽しませて頂きました。
ラストシーンはちょっとウルっときちゃいました(*´∀`*)

それにしてもあゆ美さんの演技は
相変わらず迫真に迫る迫力で
今回も完全に圧倒&引きこまれていきました。
また次の舞台が楽しみだなー。

今年はもっとお芝居見に行けたらいいなーと。

とにもかくにもとっても楽しかったです!!