新橋の夜、イケメン板前と集う仲間…そして鰹。

ちょっと時間が経過しましたが、先日友人が板前で立っている新橋のお店で、仲間内だけを集めたパーティーが開催され舌鼓をポンッと打って参りました。
ごはんやさん 飯
こちらがそのお店、新橋駅から歩いて数分のところにある『ごはんやさん 飯(はん)』。
外観もさながら、店内もおしゃれさもありながら気楽に過ごせるよい空間。
ごはんやさん 飯
この日はお店を貸しきってのパーティ。テーブルには手織り鶴の箸置きでオシャンティな雰囲気をさらに出しておりました。
ごはんやさん 飯 新橋
ごはんやさん 飯 新橋

前菜系はどれも、繊細な味付けでありながら、日本酒がとってもあう素材を活かしたお味。
ごはんやさん 飯 新橋
ごはんやさん 飯 新橋

特に食レポのために訪れたわけではないので、今回はこんな感じで写真をだらだらと。しかし、この肉豆腐はほんと美味かった。肉豆腐好きの僕としてはたまらない逸品でしたね。
ごはんやさん 飯 新橋
ごはんやさん 飯 新橋
わかりづらいかもしれませんが、火の中に手をつっこんでいるのが友人の小林聡さん。イケメン出張料理人としても活動されていて、現在はこちらの『ごはんやさん 飯』の料理長として板場をしきっております。
ごはんやさん 飯
そして彼が仕込んでくれているのが、かつおの藁焼き。いや、それにしてもいつみてもイケメンですわ。
ごはんやさん 飯 小林
なにせ、こうやって板場に立っていると…

ごはんやさん 飯 小林
こうやって女子の写真撮影がはじまるわけですよ。あーうらやま。
ごはんやさん 飯 かつお 藁焼き
そしてこれが、そのかつおの藁焼き。もうね、言葉で表現するの無理です。藁でいぶした香りがほどよく身にまとっていて、さらにかつおの旨味をグッと引き出しているんです。厚手に切った身を、特製のタレとからませた瞬間、もう何口でも食べられちゃう。
本当に旨すぎる逸品でした。

また、今度は食レポのためにお店に遊びに行こうかなと思います。最高に美味かったです!ごちそーさまでした。