カフェのはしごですごした日曜日

日曜日、たっぷりと溜め込んだ仕事を抱えながらカフェに逃げ込んだ。

ひさしぶりにちょっとだけ長めに歩いて、それでも車でいくには近すぎるくらいの距離。

最初のお店に入って、買って間もないパソコンを開き、あたたかい紅茶を頼んだ。

ミルクを頼んだら、コーヒーフレッシュだったから、今更ことわるのも悪いなと思って入れた。

紅茶の香りなんて、一気にふきとんだ。

一向に進まない原稿をそのままに、次のカフェを探した。

わずかばかりの椅子がならぶカフェで、窓際に座る。

ふと目をやると、そこには街の人々が思い思いの服装で、春になりかけの外の空気を吸っていた。

いつかの珈琲。 #いつかの #coffee #cafe #japan #tokyo

A post shared by George Kuromiya 黒宮丈治 (@georgek5555) on

店内に流れる音楽が少しだけ合わなかった僕は、また新しいカフェに向かった。

そこは急遽はやじまいしていた。

進まない筆と、続かないやる気を奮い立たたせて、いつもの喫茶店に立ち寄った。

そして仕事を終えた。

また、次の日がはじまる。

公園に佇む、太く大きな幹は、今年も桜を咲かせる。