ソラノイロ

空

夏の空は本当に好き。

どこまでも澄み渡る碧と疑いを持たないほどの白い雲。

夕刻になると秒単位で藍色から濃紺に変わるベースカラーに

太陽が染めていくオレンジの彩り。

夏空を見上げていると

流れていく雲が、止まっていた時間を動かしてくれる。

 

迷ったり、躓いたりしたらいっつも空を見てる。

曇空だって、決して一色じゃないし、

ちゃんと見てたら表情をどんどん変えていく。

 

変わらない景色だって思っていることも

ちゃんとまっすぐ見ていると

毎日、毎時間、毎分、毎秒どんどん変わっていく。

 

ソラノイロがこんなにも鮮やかなのは

昔も今もきっとこれからも変わんないんだよなーって。

 

なんとなく刻々と終わりに向かう夏に

ほんの少し寂しさを感じちゃった。