劇団☆新感線「髑髏城の七人・鳥」観てきました。

昨日は、劇団☆新感線の髑髏城の七人 season鳥を観劇してきました。

劇団☆新感線の舞台は、毎度大人気で中々チケットが取れないというのもあり、お恥ずかしい話、これまで観劇したことが無かったのです。今回の舞台では、知人の木下マカイさんが演出助手をされているということで、評判ばかり流れてきて、ずっと観たいなと思っていただけに、これは行かねばと遊びに行ってきました。

髑髏城の七人 鳥 感想

今回の舞台は、今話題の築地市場の移転先である豊洲市場のすぐそばに建てられたIHI STAGE AROUND TOKYOが会場。今回、観たかった理由のひとつが、この会場でもあります。

この会場は、巨大な円形客席が360°回転するという日本初の構造で、髑髏城の七人はそのこけら落としとして選ばれた演目。年間通して「花・鳥・風・月」の4シーズンで繰り広げられるのですが、今回行かせてもらったのは「鳥」。今回の座長は、説明不要の人気役者・阿部サダヲさんです。

髑髏城の七人 鳥 阿部サダヲ

これまでも回転舞台というのは、歌舞伎などでもありましたが、それはステージが回転するというもの。回転することで場面展開をして、お客さんに様々なセットで演じるのを楽しんでもらえるものでした。ところが今回のステージは、逆に客席側が回転します。

IHISTAGEAROUNDTOKYO

ざっくりと図にするとこんな感じ。360°に組まれたセットを、客席がぐるぐる周りながら観ていくわけですが、さらにステージの前には可動式の大きなスクリーンがあり、そのスクリーンと組み合わせて、役者さんが舞台を縦横無尽に走り回りながら演技をしていくわけです。

映像やセットも素晴らしく、舞台の演出だけでも感動的でした。そしてもちろん、出演者のみなさんの素晴らしい演技がとてつもありません。

時折舞台を観に行くのですが、エンタメ全般を含めて久しぶりに笑いとか泣き以外の感動の感涙をしてしまいました。まさに震えるとはこのことというか。

座長の阿部サダヲさんの演技も最高すぎたのですが、松雪泰子さんの泣かせる演技がたまらない。森山未來さんの悪役っぷりは最高。そして、今回個人的に一番のヒットだったのが早乙女太一さん。思わず「ヨッ!!」と叫びたくなるような、見事な見栄の切り具合、そして殺陣の素晴らしさは随一ですね。惚れ惚れしてしまいました。

あと、粟根まことさん、池田成志さんの三枚役も最高でしたね。その他のと言ってしまうと贅沢なキャスティングで、ひとりひとり名前を上げると切りがないので、とにかく全部が全部最高でしたと締めくくらせてください。

カーテンコールは、ダブルアンコールで最後は客席がオールスタンディングオベーションでしたが、僕は既に早々と立っていました。この舞台は本当に観てよかったです。もうずっと観ていたいと思える舞台って、本当に最高ですね。エンタメ愛しています。